脱たぬきブログ

本ページは広告を含みます

温泉・岩盤浴あり「姫路キャッスルグランヴィリオホテル」宿泊記


姫路城周辺で、さらに温泉と岩盤浴があるホテルを探していて、姫路キャッスルグランヴィリオホテルを見つけました。

このホテルはルートイン系列のビジネスホテルなので値段もお手頃です。

朝食には、姫路名物も食べられます。

今回は部屋や温泉施設、朝食、アクセス、周辺環境について詳しくまとめます。


チェックインは15時40分頃到着し、混んでいなかったのでスムーズにできました。

チェックアウトも10時頃にしたので、すぐに終わりました。

チェックイン:15時
チェックアウト:11時

エコノミーツインに宿泊


エコノミーツインで、16平米禁煙の部屋を予約しました。

喫煙の客室もあります。

荷物を広げると少し狭かったです。

デスクはコンパクトなので、パソコンや化粧品を置くといっぱいになってしまう感じでした。

エコノミーツインの場合
HP料金
6,800~27,600円/室(朝食込)

客室面積16~24平米

ベッドサイズ
■西館
970×1,950(mm)
1,100×2,030(mm)
■東館
1,250×1,950(mm) 客室数57



お茶が2袋あり、冷蔵庫の中は空です。



入口入ってすぐ左側には、ハンガー、リセッシュ、スリッパなどが置かれています。



部屋からの景色は、姫路の街ビュー



バストイレは一緒のタイプで少し狭めです。

お風呂は温泉があったので今回は使わなかった。



パジャマは、上下別のタイプで、これを着て朝食や温泉に行けるのでとても楽でした。



アメニティは部屋には歯ブラシ、ボディタオル、カミソリが置いてあります。

それ以外の必要な物は、フロント横にアメニティバーがあるのでそこから持ってくるスタイルです。

コーヒー、紅茶、味噌汁、中華スープ
ヘアゴム、クレンジング、洗顔
化粧水、乳液、綿棒、デンタルフロス
シャワーキャップ、マウスウォッシュ



シャンプーバーもあり、普段使わない種類のシャンプー&コンディショナーがあり、おためしで使えるのが嬉しい!

種類はロレッタ、ヘアレシピ、フラット、ボタニスト、ダイアン、オーシャントリコアンサー、ポーラエステロワイエの7種類でした。


その他の客室の広さ
・シングル(13平米)
・ツイン(16~24平米)
・ロイヤル(53平米)

朝食


ホテル2階さぎ草で提供されます。

営業時間
朝食:6:45〜09:00
宴会:10:30〜 予約
席数/120席


食事の配置


料理の様子





明石焼き、おでん、アーモンドトーストなど姫路名物の料理がありました。

播州ラーメン、フレンチトースト、七宝播州海鮮丼、野菜、おかずも種類があり大満足な朝食でした。

レストランの外には、部屋に持ち帰れるコーヒーがあります。

館内設備について


1階には自販機、アイス販売機、カップ麺の自販機があります。

レンジもここに置いてありました。



4階に洗濯機もあります。

2階にはカラオケルーム(有料)、リラックスルーム漫画コーナーがあります。

この漫画コーナーは、温泉施設からも行けます。

宿泊者は無料で使うことができます。

温泉施設


ホテルに併設されていて、フロント向かって左側に歩くと入り口があります。

温泉は、宿泊者以外も利用できます。

宿泊者は無料で温泉を利用できます。

料金
平日料金 土日・祝日料金
大人(中学生以上)
平日:1,000円、土日・祝日:1,500円

子人(3歳~小学生まで)
平日:700円、土日・祝日:900円

ファミリーチケットA
大人2名+小人1名
平日2,400円、土日・祝日3,500円

ファミリーチケットB
大人2名+小人2名
平日:2,000円、土日・祝日4,000円


利用の流れとしては、靴箱に靴を入れ鍵を温泉の受付に渡す、浴室内ロッカーの鍵をくれます。

ホテルの部屋着を着ていけば宿泊者とわかりますが、わたしの場合私服で行ってしまったので、部屋の鍵を見せて宿泊者だということをアピールしておきました。

そうしたら、料金はかからなかったです。

バスタオルは借りるのにお金がかかるので、部屋から持って行きましょう。



岩盤浴は別料金になるので、利用する方はチケット販売機で購入する必要があります。

今回は、岩盤浴も利用しました。

専用の服と岩盤浴用バスタオルを貸してくれました。

岩盤浴

・男女共用と女性専用の岩盤浴が1ヶ所づつ
・ikiサウナ1ヶ所
・冷たい部屋1ヶ所
・オンドルが1ヶ所

*オンドルは暖かくて、リラックスできテレビのついてる部屋です。

岩盤浴の施設としては広くありませんが、空いていたのでゆっくり楽しむことができてよかったです。



温泉内はこんな感じになっていて、内湯と外湯共に広かったです。

洗い場も15ヶ所くらいありました。

洗い場には、シャンプー、コンディショナー、ボディソープしかなかったので、洗顔やメイク落としはアメニティバーから持って行った方がいいです。

*女性の方は洗面にクレンジング、化粧水、乳液あり。

2階にレストラン、カラオケ、漫画コーナーがあります。

レストランへは温泉から階段を上がっていけます。

2階へ行く時は、岩盤浴着で行くことができないので着替えるのがちょっと面倒でした。

温泉の営業時間
宿泊のお客様
6:00~チェックアウトまで/
15:00~24:00(最終受付23:00)
一般のお客様
10:00~24:00(最終受付23:00)


岩盤浴は、追加料金無しで翌朝も使えると言われました。(服やタオルは同じ物を使う)

2日間も岩盤浴が楽しめるのはかなりお得だと思いました。

カフェ&ダイニング居酒屋『白鷺』



メニューはこんな感じでした。

定食、ステーキ、釜めし、小鍋、うどん、お蕎麦、カレー、おつまみ系、サラダ、お子様ランチ、デザートなどがあります。

ビールもあるよ🍺


テイクアウトメニューもありました。

営業時間は18:00~21:00
(ラストオーダー20:30)

アクセス


駐車場は、ホテル横や周辺にあります。

無料駐車場:180台

車の場合
・JR姫路バイパス姫路南ランプより、車で約3分
・花田IC(播但連絡有料道路)より車で約18分
・山陽姫路東IC(山陽自動車道)より車で約20分



姫路駅ーホテル間は無料送迎バスがあり、乗降は姫路駅南口バスタクシー乗降場です。

南口出て、右側にバスが止まっていたのでとても分かりやすかったです。



朝は、送迎バスがない時間帯なので歩きましたが、荷物を持ちながらゆっくり歩いて10分で行けました。

道も複雑ではないので行きやすいです。

ホテル周辺はホテルやビルが多い感じでした。

ローソンがホテルから300メートル先にあります。


姫路城は、駅を挟んで反対側にあるのでゆっくり歩いて行くと35分くらいかかります。

(ホテルから駅が約10分、姫路駅から姫路城チケット売り場まで徒歩約25分)

まとめ

今回は新幹線とホテルがセットになったプランを予約しました。

新幹線代を引くと1泊朝食付2名8300円で宿泊できたことになります(1名4160円)

温泉も使えて、サービスも良い、朝食も姫路名物が食べられるので総合的に大満足な宿泊になりました。

岩盤浴がある、ホテルはあまりないのでそこもポイントが高いです。

宿泊しなくても温泉は利用することができるので、他のホテルに泊まり温泉を利用するのもいいかもしれません。


予約サイトをまとめたので比較してお得に宿泊しましょう▼
【じゃらん】 【JTB】 【ヤフートラベル】 【楽天トラベル】 【るるぶトラベル】