脱たぬきブログ

東京ディズニーランド&シーの情報をお届け!海外のディズニーも好きでアメリカディズニー・上海ディズニー・香港ディズニーについても紹介!

上海ディズニーリゾートの一部施設が再開!

f:id:tanupooon:20200504195104j:plain
日本では緊急事態宣言が延長されて先行きの分からない状態ですね。

東京ディズニーリゾートは現在も閉園が続いており、東京ディズニー公式から5月中旬にあらためてお知らせすると発表がありました。

一方、上海ディズニーランドも閉園が続いていますが、上海ディズニー公式より段階的な再開に向けて一部施設が再開されるとの発表がありました!

今回は上海ディズニーの発表に関する詳細についてまとめていきます。

一部施設とは?

◇ディズニータウン
◇ウィッシングスターパーク
◇上海ディズニーランドホテル

3つの施設が利用できるように一部再開されます。

各施設にそれぞれ利用できる人数制限と短縮した運営時間を設けて行われるそうです。

また、ディズニーカーアンドコーチパーク(バス用駐車場)とディズニータウンの駐車場も再開します。

どんな対策をするのか?

再開されるといっても利用には条件があります。

上海ディズニーリゾートに入るすべてのゲストは、体温検査の温度スクリーニング手続きを行って、携帯を用いたQRコードを提示する必要があるそうです。

状態に合わせて緑、黄、赤の三色のQRコードが割り当てられ、緑の上海QRコードを持つ人のみがリゾートに入場できます。

ゲストは訪問中(食事時を除く)はマスクを着用する必要があるのと店や列に並ぶ際、レストランにいる間は常に前の人と距離を保つように心がけてくださいとの案内が合わせてあります。

ディズニータウンとウィッシングスターパークの営業時間については、上海ディズニーリゾートの公式ウェブサイトからチェックできます。

結構限定した条件のもとで再開となるため、上海ディズニー側も慎重に進めている事が分かりますね。

また上海ディズニーランド内ではショーの練習などが始まっているみたいです!

5月6日追記
11日から上海ディズニーランドの営業を再開するそうです!

でも通常通りの営業ではなく、体温検査実施、一部の屋内施設のショーやキャラクターとの記念撮影は実施しないみたいです。

普通の営業になるまでには時間がかかりそうですね。



海外の動きに合わせて日本も対策などを行っていくと思うので、今回のこの動きは参考になるのかもしれません。

日本はまだまだ自粛が続いているので、早くTDRの再開の発表が待ち遠しいですね。

そのためにはしっかりとした自粛が大切です!

【ディズニーアニメ】31日間無料トライアルを利用⇩